We use cookies to give you the best possible user experience and to integrate social media. プライバシーポリシー

グランプリ男子ヒンターツァーテン予選 イエラーがトップ

作成: 26.07.2019 20:15 / sk

7月26日(金)、2019年FIS(国際スキー連盟)グランプリ・ヒンターツァーテン大会(ドイツ)で男子個人戦のための予選が行われ、スロベニアのジガ・イエラーが予想以上の健闘で1位となった。21歳のイエラーにとっては、自己初の予選1位だった。2位はオーストリアのグレゴア・シュリレンツァウアー、3位はスイスのキリアン・パイアーだった。


イエラーは今日の最長不倒となった104m(130.7ポイント)を決め、シュリレンツァウアーは102.5m(129.7ポイント)、パイアーは103.5m(129.1ポイント)のジャンプを収めた。

 

4千人の観客の前で、ドイツ勢のトップとなったのは、4位のリヒャルト・フライタークだった。更に、カール・ガイガーが6位、マルクス・アイゼンビッヒラーが9位に入り、開催国ドイツは上々の団体成績となった。

 

ドイツに並んで、日本チームも納得の出来を見せた。中村直幹が5位、岩佐勇研が7位、佐藤幸椰が12位に入った。スーパースター小林陵侑は、8月後半に行われる白馬大会からグランプリに参戦予定だ。

 

ヒンターツァーテン大会では、7月28日(土)には、まず男女混合団体戦が11:55(日本時間18:55)が開催される。

その後、18:20(日本時間 翌1:20)から男子個人戦が行われる予定となっている。

 

全リザルト

 

※注)基本的な表記時間は中央欧州時間で、日本からの時差はマイナス7時間です。

統計

最長不倒
106.0m
Geiger, Karl (GER)
最短ジャンプ
87.0m
Cecon, Federico (ITA)
平均飛距離
96.5m
K点越えジャンプ
75.0%
ネーション数
15
トップ10のネーション数
6
トップ30のベストネーション
6
Deutschland
Japan
Geiger, Karl
16.02.19
Willingen
Deutschland
23.03.19
Seyfarth, Juliane (GER) Chaikovsky